Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 71

Warning: A non-numeric value encountered in /home/askalthy/askalthy.co.jp/public_html/wp-content/themes/orion_tcd037/functions/repeater.php on line 72

質問集

 

  • Q 塗料の種類はどれが良いのですか?
  • A昨今の主流はシリコンです。
    1.アクリル(3~5年程度)
    2.ウレタン(5~8年程度)
    3.シリコン(8~12程度)
    4.ラジカル(10~13程度)
    5.フッ素 (13~15年程度)
  • 一般にはこれら1~5種類の樹脂があり、塗膜の【耐久性】はこれ等の樹脂によって変わるということです。昨今4が加わり益々塗装技術が日進月歩で進んでいる事が分かります。また、【耐候性】といって強い光を2500時間当てても光沢が80%以上、残るものを耐候性1種と呼びます(1500時間以上は2種、600時間は3種となる)。上記3・4・5の塗料仕上げは、耐候性1種に該当することが多い事から長持ちするとし、取り敢えず『シリコン』と謳っていれば間違い無い。という間違った認識があるのも事実です。
  • ※更には片仮名や英語の名前で特殊・特別な材料という印象を消費者に与え、イメージ先行で販売・施工されることも少なくありません。主流のシリコンと言いましても一缶あたり3倍近く値段に開きがあります。弊社は御客様の家の劣化状態、予算などよくお話を伺い状況に合わせて最適と思われる提案をさせていただき、見積もりを作成させていただきます。

 

  • Q 大体の工事期間はどれぐらいかかるのですか?
  • Aおおよそ、2週間みてください。但し、天候や施工の内容によっては期間が延びる場合がございます。
    早ければ良いと言うものでは御座いません。手間を掛けることが良い仕事に繋がります。

 

  • Q 部分的な塗装なども依頼できますか
  • Aもちろん対応させていただきます。玄関ドア鉄扉他、些細なこともお気軽にご相談ください。

 

  • Q 見積もりをとりたいのですが?
  • A当社では、インターネット上からの見積もりは行っておりません。現場を見ずに正確なお見積もりが出来るはずがないからです。
    まずはお問い合わせフォームからメール、またはフリーダイヤルよりお電話でお問合せください。もちろん無料お見積りで御座います。
    お問い合わせフォームはこちら
  • フリーダイヤルはこちら

 

  • Q 何故安いのですか?
  • A弊社には営業専門職が居らず、職人直営でやらさせて戴いております。
    その為中間マージンが嵩むこともなく仕事の質は高いまま、低料金でご提供することができるためです。

 

  • Q 内金は必要ですか
  • A基本的に、内金は必要ありません。工事代金は工事完了時にご請求させていただきます。
    ※工事内容及び工事金額によってはお支払い条件等が変わる場合もありますので具体的内容につきましてはお問合せ下さい。

 

  • Q 庭にある植木などが心配ですが大丈夫ですか
  • A安全な場所に移動を行いますのでご安心ください。施工完了後には、元通りに致します。

 

  • Q 施工中、洗濯物など干せますか?
  • A作業内容、場所により干せます。風向きや施工場所により時間がかかります。その都度アドバイスさせていただきます。

 

  • Q 施工中は留守にしていても大丈夫ですか?
  • A問題ありません。写真を工程ごとに撮影しておりますので、ご希望でしたらメールにてお送りすることも可能です。
    万が一何かのトラブルが発生しても、一両日中に対応を行う体制を整えております。安心してお出掛けください。

 

  • Q 工事を開始するにあたって、ご近所への報告はどうすれば良いですか?
  • A当社では、責任所在や連絡先を明示したものと笑納いただく粗品をお持ちして『何かあれば当方へ』ということを目的に周辺のご近所様へご挨拶がてら、ご理解を得る活動を行うようにしております。高圧洗浄を行うにあたり風向きによっては洗濯物に影響する恐れがありますので、事前確認および連絡を行っております。お施主様にはご安心いただいておりますが、万が一クレームが発生した場合は当方で責任をもって対処させていただきます。

 

  • Q 塗り替える色の選び方って、皆さんどうするものですか?
  • A同じ色でも『あの色、こんな風だった?』と実際と違って見えることがあるものです。色はデリケートな要素が多いのです。壁の模様、凹凸や見る向き、日の当たり方、周囲の色などなど、様々な要因が関わってきます。一般的には屋根が暗め、壁に明るめの色を選択し、塗板を壁にあて、日光の下で少し遠めに観て判断することが多いようです。一般に従来の色が好きで変えない施主様と、せっかくだからと着せ替えのように変える方とに分かれます。また、30坪の家と60坪の家でも印象が変わります。色の面積効果と言いますが、面積が変わるとイメージと違って見えることがあるので、比較対照にする家も、似た大きさの家から判断することが求められます。
PAGE TOP